ゆっくりと思い出に浸れる家族葬

人生の最後の儀式であるお葬式

最近は型にはまった儀式めいたお葬式をするよりも、もっと簡単にあっさりと終わりを迎えたいと希望する人が多いようです。
そんな風潮を反映するように、親族や親しい友人、知人のみで静かにお葬式を行うことが増えていて、家族葬というものが主流になりつつあります。

なぜ家族葬儀が選ばれるのか

家族葬といっても特に決まった段取りや決まりがあるわけではなく、とり行う葬儀社などにより違います。
一般的に仏式と言われる葬式が日本人にはなじみ深いですが、それをもっと簡略化して、こじんまり小規模で行う感じが多いようです。
大きな会場を貸し切って行う葬式では、通夜から始まり、葬儀と告別式など、すべての行事でとても時間とお金がかかります。
遺族にとっても弔辞を考えて書いたり、弔電を受け付けたり、その弔電を発表する順番を考えたり、そして通夜ぶるまいの用意と、とても準備が大変です。
そうした準備の手間も省けるのが家族葬の大きなメリットです。

費用面意外のメリットも

身内や少人数のみで行い、僧侶による読経だけで特に儀式的なものはないので、気を使わずにゆっくりと故人との思い出に浸れます。
祭壇には故人の好きだった花や趣味の物を飾ったりすると、個性的でその人らしい人生を反映したお葬式になります。
大規模なものより経済的な面でも安心です。
気を付けなければならないのが、特に故人の遺言でもないのに家族葬を行う場合です。
そうした場合、遺族が知らない故人の親しい友人が死去したことを知らず、葬儀に招かれなかったという事態になりがちです。
公けにしない分そういうデメリットもあるので、なるべく生前に親しい友人の連絡先などを整理しておくことが大切です。
家族の絆が感じられるお葬式は、これから増えていくかもしれません。

Copyright(c) 2014 踊る家族葬儀事情 All Rights Reserved.