新しい葬式の形である家族葬

新たに表れた葬儀の形が家族葬儀

かつて葬式と言えば、家族や親族、知人、隣人や会社の関係者など数多くの人が参列するスタイルが一般的でした。
故人との最後のお別れをするという場ですので、生前に故人と関わった人が、その関係の深さに関わらず参列していました。
長い間行われてきたそのスタイルが今変わろうとしています。
それが家族葬というスタイルの葬式です。

家族葬の特徴を解説してみると?

これの特徴は、家族や親族、親しい友人までの限られた範囲の人達だけで、故人との別れを行う点にあります。
昨今このスタイルが選ばれている理由はいくつかありますが、最も大きいのは資金の問題です。
生活自体は便利になっていますが、それを実現するためには非常に多くのお金が必要となっています。
それに加えて、社会全体で高齢化が進行しており、葬式の際に参列できる人が減ってきている事、生きている間に必要な生活費用が増えることで葬式へまわせる資金が減っているといった事が、家族葬を増やしている理由と言えます。
かつての大掛かりな物では百万円を超える費用が掛かる場合も多々ありましたが、小規模化する事でその負担をかなり低減することができます。
これは、残された家族や親族にとって大きなメリットなります。

家族葬儀が広まった理由は費用以上のメリット

但し、上記理由だけでは慣習化されていた形態を変えるには不十分でした。
予算的にはメリットがあっても、いわゆる世間体が気になる、親族から反対される等の理由で、実際に行われた例はそれほど多くはありませんでした。
ところが、最近ではメディアによって小規模な葬儀スタイルが取り上げられ、葬式の形態にも多様性が認められるようになってきました。
そういった多様性への理解が、家族葬スタイルが一般的になってきた最も大きな理由と言えます。
高度経済成長期やバブル期のような、お金がわいてくる時代が過ぎ去った現代の人にとって、小規模な葬式スタイルはこれからの主流となっていく可能性があります。


新着一覧

Copyright(c) 2014 踊る家族葬儀事情 All Rights Reserved.